テクニカルイラストとリアルイラスト

テクニカルイラストとリアルイラスト

テクニカルイラストとリアルイラスト

製品説明やカタログなどで見栄えの良いリアルイラストを依頼するには何処にどのように依頼すれば良いか悩まれている制作は多いと思います。

まずリアルイラストとはどのようなものか。

ここで言うリアルイラストは製品パンフレットなどで機能説明している物や内部構造が見えるようになったカット図、透視図など主に機械系や商品パッケージ、人体図や手術の様子、ウイルスなど医療系などがあります。リアルイラストはテクニカルイラストと相性が良く、テクニカルイラストの延長でリアルイラストを制作しています。

ただし人物や風景などのアート系は別ジャンルとして除外します。

これらのリアルイラストは使われるシーンによって求められるクオリティが違ってきます。

車やバイクのカタログは本物と見分けがつかないリアリティが求められ3DデータからフォトリアルCGが制作されます。当然コストは段違いに高く数百万〜ということも。そこまではいかなくとも通常3DフォトリアルCGの制作でも数十万はかかります。

ホームページに載せる製品説明や商品パッケージなどで3Dモデルデータがない時や低コストで見栄えの良いイラストが欲しい場合はイラストレーターによるリアルイラストを検討すべきです。それらは数万円〜十数万円で制作可能です。

・3Dフォトリアルは写真のようなリアルな出来栄え、コストが高い。

・イラストレーターによるリアルイラストは写真とまではいかない(イラストレーターの技量によってはかなりリアルに近づく)がじゅうぶんなクオリティと低コスト。

となっていますのでシーンによって使い分けることをお勧めします。

弊社ではリアルイラストを制作できるスタッフ、3Dイラスト制作スタッフ両方いますのでお客様のご要望にお応え出来ると存じます。

お気軽にご相談ください。

当社ではインターネットでリアルイラストの受注を承っております。
まずはお気軽にお問い合わせください。
お問い合わせはこちらから

createsupport

コメントは受け付けていません。