マニュアル(取扱説明書)のテクニカルイラストを描く会社です。

取扱説明書やサービスマニュアル、パーツカタログのテクニカルイラストを図面、写真、CADデータから作成します。機械イラストを依頼するならプロフェッショナルに!

会社情報

株式会社クリエイトサポートは取扱説明書やカタログのテクニカルイラストを図面や写真、CADデータから作成する会社です。 現在、社内イラストレーター8名、外注2名、提携イラスト会社2社で運営しています。

会社概要

2016年に起業、2017年に岐阜県多治見市に事務所を開所しました。大手自動車メーカーの取説イラスト、部品メーカーのマニュアルイラストを主要業務としています。

テクニカルイラストの発注の仕方

ご依頼の際に必要な情報として、製品の資料(写真、3DCADデータ、図面等いづれか)イラストの仕様、数量、納期などです。また、参考になるイメージがある場合はデータ添付ください。

お問い合わせ

テクニカルイラスト、通常イラスト、3DCG、マニュアル、ウェブサイト等相談、お見積りお気軽にお問い合わせください。

業務内容

当社はテクニカルイラスト、3DCG、アニメーション、プラス XRの事業をメインに行っています。

代表あいさつ

テクニカルイラスト制作会社にてイラストレーター、営業を経て2016年に株式会社クリエイトサポートを設立。

img

昨今、マニュアル制作コストの低下が著しく、厳しい経営環境の中で制作されているお客様のため、XVL等CADデータからのイラスト化対応やテクニカルイラストの標準化(イラストレーター教育)、ITの積極的な導入に取り組みマニュアル制作を全力でサポートさせていただきます。

代表取締役 - 日置勝己

新着記事

マニュアルのイラスト外注をお探しの方

マニュアル制作のご担当者様、テクニカルイラスト(以降イラスト)の外注先をお探しではありませんか。

コロナ禍でコストの見直しやテレワークでネット受発注をするためなど、様々な理由で探されていることと思います。

当社は創業以来ホームページからの受注に力を入れており、実績を積んでまいりました。

岐阜県多治見市に事務所を構えておりますが、全国から受注いただいております。

主に大手自動車会社様、機械部品会社様のマニュアルイラストを手掛けております。

その他、工作機械、ロボット、医療用、2D、3Dアニメなどの制作を行っております。

続きを読む

テクニカルイラストの作成方法

取扱説明書やパーツカタログ、各種マニュアルに掲載されるテクニカルイラストの制作方法を紹介します。

テクニカルイラストは掲載するマニュアルによって作図法が異なります。

取扱説明書 自動車や家電、工具、機械など操作を説明するイラストは透視投影図(写真で撮ったようなアングル)。

家具やDIY製品など組立を説明するイラストは平行投影法(アイソメトリック図法など)

修理用マニュアル 分解図などは平行投影法、手順は透視投影図。

パーツカタログ 部品構成図(分解図)は平行投影法(主にアイソメトリック図法)

取説や修理用マニュアルなどの手順図は製品(現物)がある場合は描きたいイメージで写真を撮影しそれを下絵にしてアドビイラストレーターなどのソフトウェアでトレースして作成します。

製品がない場合で3DCADモデルがある場合、3Dモデルを透視投影のアングルでスクリーンショットを撮りそれをトレースする方法もあります。最近ではCADで設計し、3DCADモデルを活用されている企業が多いのでこのパターンが増えています。また、3DCADソフトでイラストの描き出しができる機能があるものがあり、描き出したイラストを修正、仕上げする場合もあります。

資料が2D図面しかない場合は平行投影法(アイソメトリック)で描きますが複雑なものになるとイラストレーターの技量が必要となり、制作時間もかかります。

パーツカタログや分解図などは図面か3DCADモデルから制作します。

前者は図面から形状を取り厚み(高さ)を付けて描いていきます。

現在は3Dモデルを平行投影アングルでキャプチャしトレースするかイラスト描き出し機能で制作することが多いです。

3DCADモデルの活用から線画イラストをやめて画像キャプチャをそのまま掲載する事例も増えてきており当社でもそれに対応しております。(XVL STUDIO使用)

当社では線画イラストから画像キャプチャまで様々なテクニカルイラストに対応していますのでお気軽にご相談ください。

XVLデータを活用したテクニカルイラスト作成について

製造業では3次元CADで設計をするようになりいろいろな部門での3Dデータの活用が求められるようになってきました。

マニュアル制作の場面でも3DCADからイラストが作れないかといった声が非常に多く寄せられています。

しかしながら3DCADデータは膨大でありソフトウェアの価格も高価なこともあり中々活用できずにいました。

そんな中、XVLという3Dデータの大幅な軽量化を実現するフォーマットが開発されました。

それによりXVLデータからテクニカルイラストを制作する研究が各社で進んでいます。

当社でもXVLによるテクニカルイラスト制作を進めております。

お客様がご利用の3DCADデータをXVLに変換し(対応フォーマット:CATIA V5、SOLIDWORKS、NX、Solid Edge、Creo Parametric、Creo Elements/Direct Modeling、NX I-deas、Inventor/中間フォーマット:JT、STEP、Parasolid、IGES、ポリゴン(VRML 2.0, OBJ, STL, DXF, 3ds, U3D))テクニカルイラスト化いたします。

続きを読む

テクニカルイラストの相談をする

1.相談内容をフォームに入力

下記フォームよりご相談内容を入力し、送信してください。

2.サポート担当がヒアリング

サポート担当がご相談内容をヒアリングさせていただきます。
ご不明な点や何か困ったことがありましたらお気軽にお伝えください。

3.お見積もり

お見積りをいたします。
以後打ち合わせや、詳細を相談します。

当社ではインターネットのみでのテクニカルイラスト受注も承っております。
まずはお気軽にお問い合わせください。
お問い合わせはこちらから