XVLデータを使ってパーツカタログのイラストを作成するには。

XVLデータを使ってパーツカタログのイラストを作成するには。

XVLデータを使ってパーツカタログのイラストを作成するには。

お手持ちの3D CAD データを XVL に変換してパーツカタログのイラストに利用。

XVLとはラティス・テクノロジー社が開発した軽量3Dフォーマットで様々な分野で活用されています。

汎用のCADデータをXVLデータにコンバートでき、例えば、パーツカタログのようなアイソメ図のイラストなどはXVLの編集ソフトでイラスト描きだしすることで簡単に作成することができます。(線が細かすぎたり、飛んでしまう場合、多少修正がいりますが・・・。)

また、線画イラストにこだわらなければ画像キャプチャで作成することもでき、実際に画像キャプチャをパーツカタログやサービスマニュアルに採用して大幅なコストダウンに成功しているメーカーもあります。

現在、XVLにコンバートできるCADデータは下記の表を参照ください。

対応 3D CAD の種類

機械系 3D CAD 中間ファイルフォーマット
CATIA V5
SOLIDWORKS
NX
Solid Edge
Creo Parametric
Creo Elements/Direct Modeling
NX I-deas
Inventor
JT
STEP
Parasolid
IGES
ポリゴン(VRML 2.0, OBJ, STL, DXF, 3ds, U3D)

 

XVLデータを活用したテクニカルイラスト作成改善についての記事~

XVLを使ったテクニカルイラスト作成について

CADデータの活用:XVLからテクニカルイラストを作成

XVL活用サービス:3D CADデータ活用

 

 

CADデータを活用してマニュアル内のイラストの効率化をお考えの方は一度ご相談ください。

当社ではCADデータからXVLデータにコンバートし、テクニカルイラストの作成を承っております。
まずはお気軽にお問い合わせください。
お問い合わせはこちらから

createsupport