機械系イラスト(テクニカルイラスト)を描いています。

機械系イラスト(テクニカルイラスト)を描いています。

機械系イラスト(テクニカルイラスト)を描いています。

機械系イラスト(テクニカルイラスト)の手法に写真トレースがあります。

図面やCADから描く投影図法(アイソメトリックやトリメトリック)は

パーツカタログや分解図、組立図に使われますが、

透視投影図法は物体を見たとおりに描く図法で表紙や手順図(取扱説明書)によく使われます。

透視投影図は作図して描く方法もありますが写真があれば、

それをトレースして描くのが一般的でコストも抑えることができます。

 

そういうわけで、テクニカルイラストレーターは写真トレースのスキルが重要になります。

写真トレースを描いていると、それを見た子供にイラストレーターなのに

なぞっているだけじゃんと言われてしまいますが

ただ、なぞっているだけではありません。

線の取捨選択を行い重要部分を際立たせたり、ぼかしたりと白黒の線画で立体感を出す

テクニックとセンスが必要です。

それに加えて、プロとしてやっていくにはスピードも求められます。

トレースと侮るなかれ、アドビイラストレーターの操作経験者でも

合格ラインのイラストが描けるようになるまでに(速さも含めて)半年はかかります。

 

当社では写真トレースを月に200~300枚描いておりエキスパートが

揃っていますので安心して発注いただけます。

 

 


createsupport

コメントは受け付けていません。