なぜマニュアルではわざわざ写真をトレースしてイラストにする必要があるのか。

なぜマニュアルではわざわざ写真をトレースしてイラストにする必要があるのか。

なぜマニュアルではわざわざ写真をトレースしてイラストにする必要があるのか。

写真トレースでイラストにする意味とは

取扱説明書やサービスマニュアルは文章とテクニカルイラストで構成されています。
写真を撮ってそのまま載せて説明することもできるのにわざわざ手間をかけて線画のテクニカルイラストを作るのはなぜでしょうか。

サンプルの写真を見てもらうとわかりますが、写真だと目に入ってくる情報が多く説明したいポイントがわかりにくくなってしまいます。
その点、テクニカルイラストは写真をそっくりそのままトレースするのではなく線を省略してポイントをわかりやすく描いています。マニュアルを見るお客様視点で作られているのです。


また、写真撮影時についていない部品があったり余分なものが写っていたりしてもイラスト作成時に修正できる点もメリットです。他にも作業する際にページをコピーして使う場合、写真だと潰れてみにくくなってしまいますし、印刷のコストもイラストにしたほうが安くなります。このようにマニュアルにはテクニカルイラストの方が適していることがわかります。

当社では写真トレースのテクニカルイラストを承っております。
まずはお気軽にお問い合わせください。
お問い合わせはこちらから

createsupport